ジャパネットでイー・モバイルのセット販売を購入する際に留意すべき点。

我が家では”ジャパネットたかた”の通販番組が24時間放送されていて、割と観ることが多い番組であります(笑)。
よくイー・モバイル(現ワイモバイル)のデータ通信端末とのセット販売が実施されていて、タブレットが100円!という宣伝を見ることがありますが、この点について若干の注意点を述べたいと思います。

スポンサーリンク

イー・モバイルの料金プランを確認してから!

ジャパネットで提供しているイー・モバイルの料金プランは月額5000円程度が多いようです。
もちろん2年縛りで、解約手数料が解約月に依ってかなりの額がかかります。
しかしながら、通常であれば月4000円程度が相場で、3000円程というのもあります。
つまるところ、機器を安価で購入したとしても月額料金で高い金額を支払っているので、総額で計算すると損をしている可能性があるのです。

また、一度契約してしまえば解約月が限定されるので、解約のタイミングを逃すということもあり得ますし、その点をイー・モバイルを始めとした通信業界は狙っているのだろう、というのは容易に推測出来ます。

2年先や4年先を考えた場合、別個に購入した方が安くなることがあるので、総額で計算した方が良いでしょう。
※契約プランにより契約解除料が異なります。

速度制限についても考慮しましょう!

番組では速度制限に大きく触れている時は観たことが無いのですが、実際にはイー・モバイルでは月に7GB(機種に依る)で帯域制限がかかるので、一般的な固定回線と同様に考えるのは無理があります。
映画1本で2GBいくこともあるので、4本も観ればその月は低速回線になります。
この状況ではLTEの恩恵を受けられるはずもないので番組で、さも高速回線が使い放題!みたいに宣伝しているのは、一考の余地があります。

結局は月々を安くするか、総額を安くするかということ!

になるかと思います。
初期費用が3000円程で、月々5000円程度なら安く感じられると思いますが、何年契約する予定か、自宅のみの使用なら固定回線の契約が可能か、など総合的に検討されると良いと思われます。
前述の通り、一度契約すると解約が難しい状況になるので、イー・モバイル側でも少し利益を削ったとしても客を取り込んでおきたい、という戦略もあるでしょう。
また間にジャパネットが入っているので、その分の利益も上乗せされていると考えると、必ずしもお得では無い、といえると思います。
ちなみに筆者はジャパネットを観ていても安いと思ったことはありません(笑)。
あれだけ宣伝費をかけていれば当然ですね。
価格.comで料金プランなどの比較をしているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました