ハゲる最大の原因はたぶんコレ!

ハゲ(薄毛)の原因は様々なことが云われていますが、多いのは遺伝的なものです。タバコや食生活、ストレス、頭皮ケアなどもあります。しかし筆者が考えている最大の原因は”シャンプー”です。

ご存じですか?ほとんどのシャンプーは石油から出来ている合成界面活性剤です。誤解を恐れずに言えば毎日頭に石油を塗っていることと変わりありません。石油が健康に良いと思う人は誰もいないでしょう。

頭皮ケアとして”スカルプケア”なる商品も多くありますが、どれも化学的に合成された人体には有害な成分が配合されています。本当に毛穴に詰まった皮脂が原因となるのでしょうか。もしそうだとしたら、自然界では毛が正常に生えることも無いでしょう。何故なら動物は毛穴の掃除など出来ないですから。

皮脂が毛髪の生育を阻害しているとするのは売るための宣伝文句です。現代において最大の原因は「シャンプーに含まれている有害成分が細胞を破壊している」からです。よくシャンプーは普通の洗髪では洗い残しがあると云われますが、そのシャンプーに含まれる有害成分が残留していたら、当然ながら頭皮に良いわけがありません。

なお、余談ですが”ノンシリコン”について言及されることが多いです。しかしシリコンが毛穴を詰まらせるのはただの神話です。某有名メーカーがノンシリコンシャンプーを宣伝するメーカーに対して”その有害性”に関して質問状を送りましたが、化学的な根拠は示せなかったとされています。

もし薄毛が気になる、将来が不安、予防したいという方は石鹸を試してください。石鹸は長い人類の歴史の中でその安全性が確立されています。石鹸の中でも化学的な成分を使用している商品は多くあるので、原料を見て無添加や天然由来100%と明記されている商品を選びましょう。

マスコミや世間で大きな問題にならないのは、癒着があるからです。石油系の成分を配合している商品を製造している会社は多くあるので、そこと全く関連が無く、堂々と批判出来る機関など限られています。安全で無いものを安全と見せかけているのが大半の市販の商品です。

購入する場合は成分表示を確認することをおすすめします。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました