アトピーを治したいなら病院に行く前にまずすべきこと

アトピーの原因は幾つかありますが、その中でも簡単に試せる治療法をご紹介します。

スポンサーリンク

ボディーソープや洗剤を見直す

市販の多くのボディーソープ、シャンプーや台所用洗剤は石油から出来ています。これは化学合成されたもので、皮膚の細胞を破壊します。元々弱い肌でアトピーになりやすい体質では、毎日のように皮膚に石油を塗ることによってアトピーが悪化していることがあります。

そこで無添加の石鹸や植物性の洗剤を使用するようにしましょう。アトピーを持っている人が無添加石鹸に変えただけで症状が改善されたという話はよく聞きます。簡単に試せるので実行する価値はあるでしょう。

香料など合成されたものが配合されていない石鹸だとミヨシシャボン玉石けんが有名ですが、もし味気ないと感じる場合はヌビアンの石鹸も天然由来の成分のみで作られているのでオススメです。ヌビアンの石鹸のランキング記事はこちらをご参照ください。

洗剤だと緑の魔女は手荒れもほとんど無く、皮膚への刺激は最小限に済みます。

洗濯用洗剤なら溶けにくいことがあるので、チョイスなら少し高いですが溶けやすく使用感は良かったです。ただ粉末石鹸100%ではありません。

何故、皮膚科では石鹸を勧めないのか

皮膚科ではステロイドが処方されることがあります。そして原因の一つとしてダニなどの影響を指摘されます。しかし、なぜ無添加の石鹸を勧めないのでしょうか。

考えられる理由は

  • 市販の石油由来の洗浄剤が細胞を破壊していることを知らない
  • 治ってもらっては困る

二つ目は非常に穿った見方ですが、医者は患者に完治されると収入が減ります。つまり根本的に治療しようとせず、対症療法を優先している可能性があります。アトピー患者は多いので、大きな収入源となっていることは否定出来ません。つまり”あえて”有効な治療法を提示しないのではないでしょうか。

筆者はアトピー(アレルギー)を完全に治しましたが、家族の一人は様々な皮膚科に通っても治っていません。本当に患者を考えた医者なら、生活について言及し改善点を示すはずです。

病院に行く前にまず試すこと

安易に病院に行くのは推奨出来ません。前述のように病院に行かない筆者は治り、病院に10年以上通い続けている家族の一人は未だに治っていません。筆者が「生活習慣を改善した方が良い」と指摘しても医者の言うことを信じているようで、非常に残念な選択をしていると思います。

通院する前に自分でも出来ることは、石油や化学合成されたボディーソープ、シャンプー、食器用などの洗剤類を可能な限り使用しないこと。その商品が人体に安全かは調べればすぐに出てきます。基本的には裏面の原材料表示がシンプルなことが多いです。

次に、当然ですが野菜や穀物などバランス良く栄養を摂取することです。これは免疫機能を正常にする意味があります。花粉症でも言えることですが、体の免疫機能が異常を来たして病気になっていることはよくあります。それを正常にするためにバランス良く食事することで、完治しやすい環境を作れます。

医者の言うことが正しいとは限りません。言うとおりにしていて治る保証もありません。自分で調べて治療方法を考える方が早く治ることもあります。特に日常生活で見直せる部分がある時は、それを改善してからでも通院するのは遅くありませんので、出来ることはまず試してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました