台所用洗剤にはマジックソープがオススメ!

表題にあるマジックソープといえば、海外製の石鹸としては最も有名な商品だと思います。
アマゾンなど多くの場所で販売されていて、石油などの化学的な原料を使用していない石鹸として人気があります。
このマジックソープには様々な使用方法がありますが、今回は台所用に使ってみたらなかなか良かったので、そのレビューを交えて紹介したいと思います!

スポンサーリンク

使用方法

まずは使用方法です。
マジックソープでは固形タイプと液体タイプがありますが、筆者のオススメは固形タイプの方になります。
理由は主観ですが一般的な液体洗剤の場合、少なくとも半分以上は水が含まれています。
液体洗剤は冷水でも泡立ちやすいなど利点もあるのですが、この日本で”水”に余計なお金を払いたくない!と思うのです(笑)。
またゴミも最小限に抑えられますし、総合的に見ても固形石鹸の方が経済的だと思います。
さて使用方法ですが非常に簡単で、固形石鹸を濡らしたスポンジに擦りつけるだけです。
そして手で揉むとすぐに泡立ちます!後は普段通り洗うだけです。
次はメリットや注意点になります。

汚れ落ちが良い!

これについては環境に依るかもしれませんが、カレーやジェノベーゼなどの油が強い汚れでも、軽く擦るだけですぐに落ちました。もちろん食器はキュキュっとします。
一般的な台所用の合成洗剤と遜色なく、さらに言えばそれよりも簡単に落ちた印象があります。
ちなみにこの件に関して、汚れ落ちが良いので入浴用などには怖くて使用出来ない!なんて意見もありますが、筆者の考えでは汚れの種類を分けているのはあくまで人間に過ぎません。
人間の皮脂と、食べ物や住環境の汚れで違いがあるとすれば、それはそれが”落ちやすいかどうか”が重要な部分だと思います。
人間の皮膚は汚れが落ちやすいというだけで、食器など他の汚れと極端に違うわけでは無いので、そこを区別する決定的な理由にはならないと考えています。

泡切れが素晴らしい!

天然成分から出来ている固形石鹸の特徴として、泡切れが突出して良いことが挙げられます。
日本の一般的な台所用洗剤では、すすぎの際は流水で5秒以上を推奨しているメーカーもありますが、このマジックソープの場合は半分以下の時間で泡切れて、洗剤特有のぬめりもありません。
これは非常に経済的なことです。
筆者が合成洗剤を使用していた頃は、食器を洗い終えても指の隙間がヌルヌルしている感覚があったのですが、石鹸の場合は一度もありませんでした。
また、台所用布巾を洗ってもすぐに石鹸成分が流れてくれます。

安全性が高い!

マジックソープは全て天然成分から出来ています。
多くの洗剤類は石油原料、あるいは化学合成された成分から出来ています。
合成洗剤ではアレルギーの原因など皮膚への影響が懸念されているのは有名なところです。
しかしマジックソープの場合は、たとえすすぎ残しがあったとしても人体への影響は少なくて済みます。※合成洗剤は念入りにすすいでも残留していると云われています。

手荒れはそれなりにする。

これは仕方ないことかもしれませんが、食器の量に依っては手荒れします。
というより市販のいわゆる”手荒れしない洗剤”というのは、単に手荒れはしているけどその上から保湿成分を上塗りしているだけなので、結果としてあまり意味が無いと思います。
洗浄成分が含まれている以上、手の脂も例外なく落ちます。これは仕方のないことです。
ただ石鹸の場合はそれが最小限で済んでいるので、合成洗剤の様に細胞破壊などの懸念が無いことは利点と言えます。

石鹸カスが出来る可能性がある。

これは環境に依りますが、石鹸カスが出来ることはあります。
例えば金属の隙間など、流れにくい場所は特に出来やすいと思います。
この点は使用後に布巾で拭きあげればある程度防ぐことは出来ます。
もし出来てしまった場合でもクエン酸などを使えば取れます。※モノに依っては取れない。
ただ食器が白くなることは無いのでご安心を。

減りはもしかしたら早いかも?

これも洗い物の量など使用量に左右されるので一概には言えませんが、どうも石鹸置きに依っては溶けるようなので、減りが早く感じるかもしれません。
なお筆者宅での環境では特に液体の洗剤と比して、極端に減りが早いと感じたことはありません。

用途が広い!

最後にマジックソープをオススメする理由の一つとして、使用用途が広いことが挙げられます。
入浴用はもちろん、歯磨きにも使用出来るそうです。←試したことはありませんが。
筆者は髪、顔、全身を半年以上使用していますが、特に問題はありません。
一般的なボディーソープやシャンプーよりはるかに安全です。
市場に溢れる多くの商品は石油原料なので、毎日石油を浴びていると考えると健康に良くないのは明白だと思います。
マジックソープは一つあればお風呂場、洗面台、台所と汎用性が高いので、用途に合わせて洗剤を購入する手間が少なくて済みます。
筆者も以前はボディーソープやシャンプーなど詰め替え用の各種ストックは常に置いていましたが、現在はマジックソープが幾つかあれば問題ありません。
なお、この商品は幾つか香りの種類がありますが、お好みで選ぶのが一番かと思います。
しいて言えばラベンダーやティーツリー、ユーカリやペパーミント辺りが適しているのではないでしょうか。
この辺りなら万が一匂いが残ってもあまり気にならないでしょう。
ちなみにペパーミントは冷たく感じるので、冬は要注意です。

余談として。

石鹸で食器を洗う上で使用している周辺武器を紹介したいと思います!
台所用スポンジは筆者が使用した中ではダスキン台所用スポンジが一番でした。
固形石鹸との相性が良く、石鹸を塗り付けてクシュクシュするだけで楽に泡立ち、気持ちよく食器を洗うことが出来ます。
ちなみにやや値段が高いですが、筆者の使用環境では3ヶ月経っても問題無く使用出来ているので、多くの台所用スポンジより経済的だと思います。

次に石鹸置きについてですが、筆者宅では+d ソープディッシュ Tsun Tsunを使用しています。
水気が溜まらない仕組みなら良いと思います。
水分が蒸発しないと溶けてしまうので、乾燥しやすい構造の石鹸置きを使用すれば減りが早くなることも無くなるでしょう。

以上、マジックソープは400円程で購入出来て、台所用だけでなく様々な用途があるので、試す価値はありますよっ!

タイトルとURLをコピーしました