クレジットカードの必要性とメリット・デメリット

ずっと現金主義だった筆者が、クレジットカードの必要性などについて紹介します。

スポンサーリンク

クレジットカードは必要?

筆者は環境的に長い間、現金で事足りていました。当然、無くても生活出来ます。現在でも現金は持ち歩いていますし、恐らく最も確実なのは現金だと思います。

しかし昨今では少し事情が異なってきています。昔はインターネットが発達していなかったこともあってか、クレジットカードに対応していないこともありましたが、現在では支払い方法も多様になり多くがカードで払えます。

感覚としては無くても生活出来るけれど、あると便利なものです。

メリット

クレジットカードはステータスも会社に依って様々で大きく異なりますが、一番のメリットはポイントだと思います。筆者が愛用しているREX CARD(レックスカード)ではいつでも1.75%ポイント還元され、それを今後の支払いに充当出来ます。つまりほとんどの買い物で1.75%の割引を受けられることと同義であり、現金には無い魅力があります。※ただし月間の利用合計金額2,000円ごと。

現金と比較すれば、ここは非常に魅力的な部分です。

筆者の場合、ネットで現金が必要な際は住信SBIネット銀行を使い、基本はクレジットカードで決済しています。

デメリット

カードの種類にも依りますが、不正利用の損失が補償されないケースもあるようです。筆者はクレジットカードをメインとするに当たりここを危惧していました。現状では何も問題はありませんが、管理は厳重にするに越したことはありません。不正利用される可能性も考慮し、利用明細は毎月チェックする必要はあるでしょう。

ちなみに筆者はネットでのフィッシング詐欺などの対策としてESETを利用しています。

また、クレジットカードのポイントは加盟店が支払う手数料の差額から当てていると考えられるので利用者の出費はありませんが、年会費が掛かるカードもあるので確認した方が良いです。

あると便利

持っていた方が便利で、お得なケースが多いのは確かです。現金でも生活は出来ますが、ネットに限らず実際の店舗でも、一度使い始めると手放せなくなります。スーパーで見ていると現金で支払う人が多くて「もったいないな~」と感じることもあります。絶対に必要とまではいきませんが”あった方が良い”のがクレジットカードでしょう。

タイトルとURLをコピーしました